interior & grocery

journal, living with "objects"from Helsinki
Karoliina Hellberg(5)
今までの仕事、そしてこれからのこと

“objects” – アートやオブジェなどのように、生活必需品ではないけれどあるとなんとなくうれしいもの。“objects” が身近にある暮らしやお仕事の様子を、ヘルシンキのアーティストやデザイナーの方々に伺いました。

2人目はフィンランド国内をはじめ、デンマークなどでも個展を開催するなど、活躍中の画家、Karoliina Hellberg さんです。


 

Profile / Karoliina Hellberg
1987年ポルボー生まれ。2015年にヘルシンキの芸術大学を卒業し、画家として活躍。フィンランド国内を初め、デンマークなどでも個展を開催している。2019年にはヘルシンキのディドリクセン美術館(The Didrichsen Art Museum)が授与するPro Arteに選ばれ、5月に同美術館で個展を開催。2019年9月まで世界遺産であるスオメンリンナ島にアトリエを構え、制作に励んでいる。
https://www.karoliinahellberg.com/


 
今までの仕事、そしてこれからのこと
 



 
毎日、フェリーに乗り、スオメンリンナ島にあるアトリエに向かうカロリーナ。「気分が乗らない時は、インスピレーションを得るために興味深い人のインタビューを読みます。家族と友人と話したり、もしくはただ仕事をやるだけ。その時は辛くても。手を動かすことで見えてくることがあります。そして、時には休んだり、眠ったりするのも大事。」
 
クリエイティブな仕事は孤独を要するけれど、仕事が波に乗っている時は、スピードもあって、とても楽しくて意味のあることに感じるのだそう。「難しい点は1人でやる作業が多く、全て自分で決めること。自分に誠実であることが大切だと学びました。そして、思い込みでもよいので、自分を信頼すること」。
 
若くして、ディドリクセン美術館からプロアルテ賞を受賞したカロリーナですが、現在の展示には2017 年〜2018年に制作した作品から、現在のカロリーナの仕事を語る上で大切な作品が選出されています。
 
「人とのコミュニケーションはとても重要で、展示会での出会いや会話は私を幸せな気持ちにさせてくれます」。観た人の中で生まれる感情をコントロールしたくないので、 核心は自分だけのものに留めておきたいとカロリーナは考えます。結末がミステリーに終わる小説のように、絵を観た時に生まれる感情は観る人に自由に委ねたいのだそうです。
 
これからやってみたいことについて聞くと、「いつか香りにまつわる仕事がしてみたいです。香りは面白くて、視覚的だと思うのです」と、柔軟なチャレンジ精神の持ち主であるカロリーナ。彼女の描く世界がますます豊かに広がっていくのが楽しみです。
 
≫(1)子供の頃からの夢を現実に
≫(2)画家という仕事
≫(3)インテリアについて
≫(4)暮らしの楽しみ

≫ living with “objects” TOPページ

photo(Karoliina): Chikako Harada
photo(Museum): Jussi Tiainen
edit & writing: Eri Shimatsuka

push items

update: 2019.05.02

instagram

mail magazine

Welcome to doinel online store !

doinel では、最新情報をお届けするメールマガジンを
不定期で配信しております。

ご登録希望のメールアドレスを入力のうえ
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

Thank you for subscribing!

ご登録ありがとうございました。

doinel / ドワネル

mail magazine

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel / ドワネル