interior & grocery

A Journey at the End of the 19th Century

その香りひとつひとつに、想いの詰まったストーリーが紡がれている WienerBlut(ウィーナーブルート)のオードパルファム。フランツ・フェルディナント大公が、19世紀末のインド・ハイデラバードを訪れたことから着想された香り、PALAIS NIZAM(パレ ニザーム)をご紹介します。

 

 

大公はこの旅で当時世界で最も裕福だと考えられていたニザーム家を訪問しており、この香りはヴィンテージレザーと樫の木の気配を漂わせた植民地時代の記憶を呼び起こします。インディアン ダヴァナ(注:ヨモギの一種)と、サフラン、パチョリは、このクラシックなテーマにぴったりです。

 
まだまだ暑さの残るこの時期。かすかに秋の気配を感じながら、過ぎ行く夏を楽しむのに相応しいエキゾチックな雰囲気のオールドパルファムです。

 

トップノート:

コニャック、サフラン、プルーン

 

ミドルノート:

レザー、樫の木、ダヴァナ

 

ベース:

パチョリ、シトラス

 

 

■ WienerBlut のアイテムはこちらから

 

■ staff blog「WienerBlut の香りのストーリー」はこちらから

push items

instagram

mail magazine

Welcome to doinel online store !

doinel では、最新情報をお届けするメールマガジンを
不定期で配信しております。

ご登録希望のメールアドレスを入力のうえ
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

Thank you for subscribing!

ご登録ありがとうございました。

doinel / ドワネル

mail magazine

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel / ドワネル