interior & grocery

For Daily Ritual of Coffee

飲むという目的だけでなく、始業や休憩など、気分転換の節目でもある毎日のコーヒーやお茶の時間。少し特別な道具を取り入れると、気持ちの切り替えにも良い作用をもたらしてくれそう。木工作家 田澤祐介さんのコーヒーキャニスターと珈琲杓は、毎日の週間に取り入れやすいシンプルなセット。木目に重なる表面のノミの跡が、視覚にも触覚にも心地よいテクススチャーを生むキャニスター。茶道の柄杓のような珈琲杓は、自然と背筋が伸びて一杯一杯を丁寧に入れたくなる佇まい。いつものコーヒーもよりおいしく感じることができそうです。



工房では鉄瓶でお湯を沸かしてペーパードリップでコーヒーを淹れているという田澤さん。特別コーヒーに凝っているわけでは無いけれど、自分で淹れて飲むのが好きということから、コーヒーキャニスターと珈琲杓が生まれたそうです。



なにかを掬う道具として、茶道で使う柄杓の形に着想を得たという珈琲杓のデザイン。掬う部分に柄を差し込んで接合する構造は茶道用の竹で作られている柄杓と同じで、一木で作るよりも手間がかかるものの、材料は有効に使うことができます。凛とした緊張感が心地よい杓です。


蓋の本体と珈琲杓はヤマザクラ、蓋の珈琲杓差し込み部分は色の濃いウォールナット材。サクラ材の使用や柄杓のフォルムはほのかに和の気配をまとい、コーヒーとの組み合わせが新鮮に感じられます。

instagram

mail magazine

Welcome to doinel online store !

doinel では、最新情報をお届けするメールマガジンを
不定期で配信しております。

ご登録希望のメールアドレスを入力のうえ
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

Thank you for subscribing!

ご登録ありがとうございました。

doinel / ドワネル

mail magazine

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel / ドワネル