Reflect The Emotion of Clay

のびやかなフォルムと曖昧な輪郭線、控えめな余白。周囲の風景に穏やかに調和する、陶芸家 横山拓也さんによる器です。



器に素材の感情が響くよう、その声に耳を傾けるように制作をしているという横山さん。黒土に化粧土を塗り固めていくという、粉引を独自に展開した手法による作品は、白い肌に細かなひびが入り、薄っすらと黒い素地が透けて見えます。



持ち上げると心地よい重みが指先に伝わりますが、どこか柔らかな手触り。ひとつひとつが曖昧な輪郭線を持ち、控えめな余白を持ち合わせています。



他にはない風合いを持ちながら主張しすぎることのない横山さんの作品。料理や周りの風景に穏やかに調和する様子をお楽しみください。



呼吸するような優しい曲線には、「今日から器を好きになる人にも、使うことで楽しく、器から新たな風景へ繋がっていくような想像力をかきたてる存在になれたら」という横山さんの想いが反映されています。

mail magazine

Welcome to doinel online store !

doinel では、最新情報をお届けするメールマガジンを
不定期で配信しております。

ご登録希望のメールアドレスを入力のうえ
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

Thank you for subscribing!

ご登録ありがとうございました。

doinel / ドワネル

mail magazine

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel / ドワネル