Forms to be Carved Out

均整の取れたフォルムと手描きのラインのようなおおらかさとのバランスが美しいポット。木工作家 岩本忠美さんによる木材を削り出して作られる作品です。



分業が基本の漆器制作の工程において、木地から塗りまでの作業を一貫して行う岩本さん。「刳りもの(くりもの)」と呼ばれる技法を用い木工旋盤を使わずにひとつひとつ削り出されるフォルムは、手なじみよくやわらかであたたかみのある佇まい。



艶やかという漆の概念を覆す落ち着いたマットな質感は、和洋問わず様々なものを受け止め、日々の食卓や空間に美しく調和します。



漆器には珍しい、独特のフォルムで後手のついた小ぶりのポットは、丸みを帯びた優しい曲線が魅力。控えめな注ぎ口がついた愛らしいデザインで、付属の茶漉しを入れて使う機能的な設計です。



後付けではなく持ち手も一体化しているマグカップは彫刻的でオブジェのような佇まい。おおらかな手なじみのよさで、安心感のあるアイテム。日々使うことで光沢を帯び明るい表情へと変化し強度も増していきます。長い時間をかけて、美しいエイジングをお愉しみください。

push items

mail magazine

Welcome to doinel online store !

doinel では、最新情報をお届けするメールマガジンを
不定期で配信しております。

ご登録希望のメールアドレスを入力のうえ
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

Thank you for subscribing!

ご登録ありがとうございました。

doinel / ドワネル

mail magazine

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel / ドワネル