interior & grocery

journal, my favorite ○△□My favorite “knitting”

ものを書くのが主な仕事なので、起きている時間の半分くらいはパソコンの前で調べものをしたり、 考えたりしている。ただ、集中力というのはそう何時間も続くものではない。そんなわけで、どうしても気分転換が必要になる。

私にとって最高のそれは編み物だ。まだまだ初心者で技術がないのが恥ずかしいけれど、1本の糸が形になっていくのは本当に楽しく、最近では息抜きが編み物なのか、編み物をするために仕事をしているのか、よくわからなくなってきた。中学生の頃には手袋やマフラーを編んだ記憶があるし、息子たちが生まれるとベビー用毛糸を買って小さなカーディガンを編んだりもした。ただ、どちらの時も私の編み物熱は長続きしなかった。10年以上前に染織家でニット作家の叔母が素敵な毛糸と編み図をくれた時も、途中まで編んで断念した。

今回は家族のニットキャップを探した時に気に入ったものがな かったことがきっかけで編み始めたところ、出来たものが意外に好評で、毎日被ってもらえたのが 嬉しくて続いている。おだてられると調子に乗る性分なのだ。そうなると、もう止まらない。暇があれば手芸店に行く。本当は輸入のいい毛糸が欲しいけれど、そこまで自由になるお金もないので、手頃なもので工夫する。

一番楽しいのは本やInstagramの投稿を参考にしながら編み図をアレンジすること。そして、1本原稿を書いたら編み、キッチンを片付けたら編み、という感じで、少しずつ 編んでいく。今季は帽子に加えてモチーフを繋ぐパッチワークニッティングにも挑戦し始めた。これだと仕事の合間に編むのに、1モチーフ何分という感じで時間が読めるのもいい。もう少し余裕 ができたら叔母に弟子入りして羊毛を染めたり糸を紡いだりするところからやってみたい、とも考えている。

 

Written by:山下 紫陽 (ライター、編集者)
多摩美術大学卒業後、洋楽誌『CROSSBEAT』の編集部に勤務、出産を機にフリーランスに。デザイン、アート、音楽などカルチャー/ライフスタイル系を中心に雑誌やWEB媒体で執筆・編集活動を展開している。

doinel journal February 2017はこちら

update: 2017.02.01

instagram

mail magazine

Welcome to doinel online store !

doinel では、最新情報をお届けするメールマガジンを
不定期で配信しております。

ご登録希望のメールアドレスを入力のうえ
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

Thank you for subscribing!

ご登録ありがとうございました。

doinel / ドワネル

mail magazine

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel / ドワネル