interior & grocery

journal, staff blogMushrooms in the Daylight


doinel 店頭と online store にて、陶作家 鈴木喬子さんの作品展
「Kyoko Suzuki Art Ceramic Exhibition 2020」がスタートしました。
東京では展示のスタートとほとんど同時に長い梅雨が明け、
明るい陽射しの中、たくさんのキノコたちがのびのびとしています。
 


序文にして余談ですが、キノコというと日陰に生えるイメージがありますよね。
実際キノコは湿った環境を好みますが
地下性のものを除き、その形成には光が必要な場合が多いそう。
窓からの光をいっぱいに受けた様子がなんだか清々しいことに納得してしまいました。
 


独特なフォルムや曖昧で自由な存在に魅了され、
キノコをモチーフに様々な陶作品を制作をしている喬子さん。
写真ではその魅力を伝え切れないのが悔やまれますが、
目を凝らすと見えてくる微妙な色合いや模様、陽の光にきらめくガラス質のディテールなど、
多彩な表情を閉じ込めた作品は、眺めるほどに新鮮な発見や驚きを与えてくれます。
 


実物を近くでみた時に伝わるのは、繊細なテクスチャーや美しい表情。
鉱物のような神秘的な色合いなど、キノコというモチーフ自体へのイメージを超えて
ひとつひとつの作品がもつ奥行きに引き込まれるような感覚になります。
 


本展では昨年の個展にはなかったソリッドなシルエットの Mushroom Vase などもお目見え。
アートオブジェクトとしての存在感がありながら、
インテリアに意外なほどしっくりと馴染むのも大きな魅力のひとつです。
 


Ceramic Board や Mini Ceramic Board は厚みが 1.5cm ほどあり
フラットながらも微妙な凹凸や質感、気持ちのよい立体感が楽しめます。
壁に飾ったり、立て掛けて楽しむ他、器として使用することもできるんですよ。
そのまま生えてきたような Ring Holder もグッときます。。
 


不思議なほどパワーに溢れた色とりどりのキノコたち。
たくさんの作品を online store に掲載しましたので
ぜひゆっくり楽しんでくださいね。
 

2020年7月31日(金) ‒ 8月18日(火)の期間、外苑前店舗にて展示中です。
※会期中は金土日曜のみの営業となります。
https://doinel.net/store/17494

全ての作品はこちらからご覧ください。
https://doinel.net/product/brand/kyoko-suzuki

≫ staff blog TOPページ
https://doinel.net/journal/category/blog

update: 2020.08.03

instagram

mail magazine

Welcome to doinel online store !

doinel では、最新情報をお届けするメールマガジンを
不定期で配信しております。

ご登録希望のメールアドレスを入力のうえ
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

Thank you for subscribing!

ご登録ありがとうございました。

doinel / ドワネル

mail magazine

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel / ドワネル