store, ExhibitionMari Paikkari Exhibition
Sculptural Plates

2022年 8月5日 (金) より、Mari Paikkari(マリ・パイッカリ) の作品展 ‘Sculptural Plates’ を開催いたします。

Mari Paikkari はヘルシンキを拠点とする彫刻家、アーティスト。環境技術、ビジュアルアート、セラミック&グラスアート、彫刻など幅広く学び、アアルト大学にて応用美術とデザインを専攻。空間彫刻や独創的なセラミックプレートを制作。陶器の音や動きを伴う3次元の空間で体験する空間インスタレーションなど、陶芸の無限の可能性を追求し、空間における構造や形状を探求しています。

陶芸家の父と織物職人の母の元、生活の中に常にアートがあったというMari。かつてARABIAの工場の煙突から出ていた匂いに懐かしさを感じたり、陶器や粘土の音に耳を傾けるなど、陶を五感で感じる姿勢が作品にも反映されています。

うねりやシワ、ひび割れのような荒々しくも個性豊かな表情を持つ Mari の彫刻的なプレート作品。元々窯が倒れてしまったことで偶然に生まれたという割れたプレートをきっかけに、多くの段階を経て、丁寧なコントロールのもと制作。20年近くの研究で得た粘土の性質への理解をベースに、粘土の乾燥による自然なテクスチャーを取り入れ、焼成での変形を誘発する造作を施すなど、陶土の質感を生かした美しいオブジェとして仕上げています。

粘土を扱うことは自分と素材との絶え間ない対話であり、それは対象物が真の形と外観を見つけたと感じるまで続くという Mari。洗練された表現で見せる粗野なテクスチャーを、目で手触りで、素材や色の組み合わせで、自由に楽しみたいセラミック作品です。



Mari Paikkari 作品展  Sculptural Plates
会場:doinel (ドワネル)  東京都港区北青山 3-2-9
会期:2022年 8月 5日(金) – 8月 16日(火)  
営業時間:12:00 – 19:00 水曜定休
     ※最終日 8/16 は 17:00閉店

◯8月 4日(木) は展示設営のため休業いたします。
 


 

Mari Paikkari(マリ・パイッカリ)
1983年生まれ、ヘルシンキを拠点とする彫刻家、アーティスト。環境技術、ビジュアルアート、セラミック&グラスアート、彫刻などを学び、アアルト大学にて応用美術とデザインを専攻。多感覚的な空間彫刻や独創的なセラミックプレートを制作、フィンランド国内外で展示やプロジェクトに参加。陶器の音や動きを伴う3次元の空間で体験する空間インスタレーションなど、陶芸の無限の可能性を追求し、空間における構造や形状を探求しています。

 

update: 2022.07.29

mail magazine

Welcome to doinel online store !

doinel では、最新情報をお届けするメールマガジンを
不定期で配信しております。

ご登録希望のメールアドレスを入力のうえ
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

Thank you for subscribing!

ご登録ありがとうございました。

doinel / ドワネル

mail magazine

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel / ドワネル