store, ExhibitionAi Ono Exhibition
Sulava lumi

2022年4月15日(金) より、doinel では初めてのご紹介となる、陶芸家 大野藍(おおの あい)さんの作品展 ‘Sulava lumi’ を開催いたします。

大野藍さんは 1986年 岐阜県に生まれ、現在は京都を拠点に活動している陶芸家。留学先のイギリスやフィンランドで陶芸と立体デザインを学び、韓国やデンマークでも活動を重ねるなど、海外で培った経験を基礎に、風土や空間に調和した色や素材を研究しています。

土地によって変化する風景や住空間、四季の移ろいや自然の微妙な色合いなど、記憶の断片を釉薬に重ねているという大野さん。フラットな1色の中にも微細な色の粒子が感じられる釉薬の表情は、実験を繰り返し、試行錯誤した上に実現しています。また、素材を活かしたミニマルで安定感のあるフォルムも、テーブルからの微妙な浮遊感や反射する陰影の微かな色合いなど、細部まで意識して作られています。

フィンランド語で「雪解け」を意味する ‘Sulava lumi’ と題した本展では、様々な土地での海外生活の中でも特に居心地が良かったというフィンランドの情景を、プレートやカップなどのシンプルで機能的な日用の陶器によって表現。
静寂な夜を思わせる青、湖畔に映る森の緑、赤杉の茶色。白い釉薬が表わす雪解けのイメージとともに、長い冬から穏やかな春へと緩んでいく様子を独自のカラーパレットで描き出します。

雪解けを願う気持ちは、今の心情を反映しているとも語る大野さん。陶芸作品の上に広がる微妙な色合いをそれぞれの記憶の風景に重ねながら、ぜひお楽しみください。

 

 


 
大野 藍 作品展  Sulava lumi
会場:doinel (ドワネル)  東京都港区北青山 3-2-9
会期:2022年 4月 15日(金) – 4月 26日(火)  
営業時間:12:00 – 19:00 水曜定休

◯2022年 4月 14日(木) は展示設営のため休業いたします。
◯会期中に online store でもご紹介予定です。



大野 藍(おおの あい)
大野藍さんは、1986年 岐阜県に生まれ、現在は京都を拠点に活動している陶芸家。
イギリスのバース・スパ大学とフィンランド アアルト大学大学院にて陶芸とデザインを学び、韓国やデンマークでも活動を重ねるなど、海外で培った経験を基礎に、風土や空間に調和した色や素材を研究しています。
海外と日本での陶芸活動を経て、和と洋の両方の感覚を持ち合わせている大野さん。土地によって変化する風景や住空間、四季の移ろいや自然の微妙な色合いなどをインスピレーション源に、釉薬の研究に力を入れていると言います。
一色の中にも微細な色の粒子が感じられる釉薬表現と、素材を活かしたミニマルで安定感のあるフォルム。全体を通して身近な風景や自然現象などのイメージをシンプルに描き出しながら、光と影の表情が織り込まれた日常に馴染む作品を発表しています。
http://www.aionoceramics.com/

update: 2022.04.08

mail magazine

Welcome to doinel online store !

doinel では、最新情報をお届けするメールマガジンを
不定期で配信しております。

ご登録希望のメールアドレスを入力のうえ
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

Thank you for subscribing!

ご登録ありがとうございました。

doinel / ドワネル

mail magazine

doinel の最新情報をお届けしています。
ご登録を希望のメールアドレスを入力のうえ、
” Subscribe ” ボタンをクリックしてください。

doinel / ドワネル