interior & grocery

Mourne Textiles

Tweed Emphasize Narrow Scarf – Monochrome I-Purled Fringe

17,280 yen(税込)

購入数

この商品はギフト対応可能です。
→ ギフトサービスについて

配送料:500円(税込)

  • 1回のご注文につき10,800円(税込)以上のご購入で送料無料です。
  • オンラインストア営業日の当日午前10時までにご注文が確定した場合、当日出荷いたします。

→ ショッピングガイド

アイルランドのテキスタイルブランド “Mourne Textiles(モーン テキスタイル)”のスカーフです。

カシミヤやシルクを含んだ柔らかなウールのスカーフは、北アイルランド ダウン州のモーン山麓にある工房にて熟練した職人によリ織り上げられたもの。心地よい肌触り、織り地の豊かなテクスチャーは、古いシャトル織機ならではの質感です。モーン半島の風景に触発されたというデザインや落ち着いた色合いは、どんなコーディネートにも馴染みます。

幅 30cm と程よいボリュームのスカーフは、首元をしっかりとあたためながら、外してもかさばらないスマートなサイズ感で男性の方にもおすすめです。

□ Hattersley Loom(ハッタースリー・ルーム)
Mourne Textiles がスカーフを製織するのに用いるのは、Hattersley Loom(ハッタースリー・ルーム)というヴィンテージの織り機です。約100年前に英国で最初に開発されたこの織り機は足踏み式のもので、いわゆる手織り機よりその速度をかなり向上させました。しかしながら、電気を一切使わず人力を動力にした柔らかく豊かな織り上がりは、「手織り」として分類されています。

item details

カラー:Monochrome I-Purled Fringe
素材:メリノウール 100%
サイズ:約 30 cm×200 cm

Mourne Textiles

北アイルランド、ダウン州のモーン山地の麓で半世紀以上に渡りテキスタイルブランドとしての地位を確立している Mourne Textiles(モーン テキスタイル)。
創業者のゲード・ヘイ-エディはイギリスのミッドセンチュリー期を牽引したロビン・デイやテレンス・コンランなどとのコラボレーションを長年に渡り実現、スペシャルパターンのテキスタイルを使った家具やラグなどを発表し、1951年のミラノ・トリエンナーレでは銀賞を受賞しました。彼女の母国であるノルウェーのスカンジナビアデザインがルーツになったデザインと技術は、現在もなお歴史と伝統を守りながら孫のマリオによって受け継がれ、工房では熟練した技術をもった職人が今も古い織り機で手織りしています。時代を超えて人々を魅了し続けるモダンで洗練されたパターンと高い品質のテキスタイルは日常のふとした瞬間を贅沢なものにしてくれます。