interior & grocery

Laurence Brabant & Alain Villechange

Oval Dish ‘HOT CUTS’

8,100 yen(税込)

購入数

配送料:500円(税込)

  • 1回のご注文につき10,800円(税込)以上のご購入で送料無料です。
  • オンラインストア営業日の当日午前10時までにご注文が確定した場合、当日出荷いたします。

→ ショッピングガイド

フランス、イル・ド・フランス地方に工房を構える Laurence Brabant & Alain Villechange (ローレンス・ブラバン&アラン・ヴィルシャンジュ) のガラスのオーバルディッシュです。

デザインを担当するローレンスと製作を担当するアランの2人により創り出されるガラスプロダクトは、詩的かつ機能的。
パイレックス (ホウケイ酸ガラス / 耐熱ガラス) を用い、フレームワークと呼ばれる技法でつくられるガラス器は、均整のとれた佇まいながらも、手作業による薄く繊細なつくりが詩的なニュアンスを感じさせます。実験器具を思わせるその独特のフォルムは、ただ美しいだけで終わらない知性とユーモアに溢れています。

‘HOT CUTS’ と名付けられたオーバルのボウルは、波打つフチが特徴のアイテム。まるでフチが溶けたかのように不規則かつ繊細にうねるデザインには、どこか有機的な印象も。透明度の高いガラスの器だからこそ、盛り付けた食材や料理の鮮やかさが増すようにも思われます。形はフルーツやサラダ、汁気の多い料理など、様々に使いやすい深めのオーバル型。ちょっとした意外性と美しさを兼ね備えたガラスの鉢皿は、日常に新鮮な感覚を与えてくれるだけでなく、飾っておくだけでも心を満たしてくれそうです。

□フレームワーク
フレームワークとは、ガラスの成形技法の一種で、バーナーの炎によっでガラスを熱して柔らかくし、息を吹き込むなどして変形させる技法。 紀元前から行われてきたガラス制作において、その最初期から使われてきた技法です。

item details

サイズ:約L 200mm×D 125mm×H 50mm
素材:パイレックス(ホウケイ酸ガラス / 耐熱ガラス)

※ 一点一点手作業によりつくられているため個体差があります。予めご了承ください。

Laurence Brabant & Alain Villechange

デザインを担当するローレンスと製作を担当するアランによる、Laurence Brabant & Alain Villechange。ローレンスは2000年からパイレックス(ホウケイ酸ガラス / 耐熱ガラス)を使ったシリーズをスタート。2008年からはパートナーのアランと共に活動。フランス、イル ド フランス地方のギュシールシャテルに工房を構えています。

— Laurence
詩的であり実用的でもあるローレンスのガラスデザイン。Cristallerie Saint-Louis や Baccarat for Glenmorangie 他、クリスタルなどのガラスやその他の素材においても、多数のメーカーのプロジェクトを手掛けています。ローレンスとガラスの透明性との出会いは、彼女自身の繊細なデザインセンスにふさわしく合致し、その感性は製品のクオリティを通して表れています。

— Alain
アランはパイレックスを用いたフレームワークによる製作を担当。優れた技術によって、型を使わずフリーハンドで製作しています。1993年から見習いを始め、12年の間にフランスやドイツ、アメリカの様々な工房で働き、この期間に技術を習得。伝統的な技法を引継ぎ、さらに新しい技術を発展させることに尽力しています。