news

May, 2014

2014.05.21

doinelのフリーペーパー “doinel journal May, 2014“をdoinel店頭および設置店様にて配布しております。
□doinel journalのアーカイブはこちらでご覧いただけます。

doinelにゆかりのある国内外のオーナーショップの店主さんや作家さん、ライターさん、デザイナーさんなどに、ご自身の”My favorite”について綴っていただいている”My favorite○△☓”。
今回の執筆は、アントワープ在住の写真家、ブロガーのMieke Verbijlenさん。友人のCharlotteさんについてのコラムです。

Miekeさんに書いていただいたテキストは、doinel journalでは全文を掲載できませんでした。
通常はコラムはdoinel journalのみでご紹介しているのですが、今回は特別に全文をMiekeさんの写真とともにご紹介します。
ちょっと長いですが、MiekeさんのCharlotteさんへの想いが伝わる素敵な文章ですので、ぜひご覧ください。

Mieke Verbijlen(写真家、ブロガー) miekeverbijlen.com/miekewillems.blogspot.jp
アントワープ在住。友人のvernik willemsととともにmieke willemsとして二人のフィルターを介したアートやイラスト、雑貨などをブログで紹介している。かつてはアントワープに雑貨店も営んでいたが現在は休業中。

My favorite friend “charlotte”

シャルロッテと私にはDejanという共通の友人がいました。シャルロッテがサマーバケーションでボーイフレンドとセルビアに行っている間、Dejanは彼女の家に住んでいました。

Dejanもセルビア出身で、私と同じアントワープのアカデミーで学んでいました。
彼がシャルロッテの家にいた間に何回か彼のところを訪ねたことがありました。
当時、私はまだシャルロッテに会ったことはなかったけれど、彼女のアパートメントはとても素敵で私は彼女の家の雰囲気が大好きでした。
彼女の家は近くにあり、小さなアパートだったけれど、たくさんの素敵な植物や本があり、彼女の持っているすべてが私を魅了しました。

otark

 

その後シャルロッテ本人と会う機会が数回あり、私たちは友達になりました。そして、Dejanがセルビアに帰国することになり、彼のさよならパーティーがシャルロッテの家で開かれることになりました。

彼女は彼に手造りの小さなBOXをプレゼントしました。それは小さなのぞき穴があいた箱で、箱の中は彼女の絵や切り抜きを使って作られた小さな世界が入っていたのです。
少年時代のDejanがマッシュルームの上で飛び跳ねたり、彼女がDejanとよく行ったコーヒーバーのシュガーバッグを使って切り抜いたたくさんの鳥たちがいたり、素敵な思い出の数々がそこに入っていました。

DSC05698

 

彼女がプレゼントした箱はDejanが国へ帰る長旅に持ちかえるにはあまりに壊れやすかったので、シャルロッテとDejanが相談した結果、この箱は私が預かることに決まりました。
この箱を家まで持ち帰る時、センチメンタルな気持ちと同時に、Dejanとの素敵な思い出によって、とても幸せな気持ちにさせてくれました。

のちに私は図書館でシャルロッテに会って一緒にコーヒーを飲みにいきました。
私たちはDejanがもうアントワープに住んでいないことを思って、とても寂しい気持ちになったことを覚えています。彼女がこの時「私たちはこれからも友達でいるべきね」といい、そうしてDejanが帰国した後もシャルロッテとの友達付き合いが始まったのです。それが9年前のこと。

今ではシャルロッテのいない自分の人生なんて想像することすらできません。
私たちはそんなに頻繁に会うわけではないけれど彼女は私にいつも素晴らしいインスピレーションを与えてくれます。彼女には物事同士を組み合わせるとても素晴らしいセンスがありますが、彼女はそれを意識してやっているわけではないのかもしれません。

私がVeronik Willemsと一緒に自分のお店を開いた時、シャルロッテにお店のロゴやオープニングの招待状やビジネスカードなどをデザインしてもらいました。私は彼女のデザインしたdrawing(絵、イラスト?)が大好きです。

彼女は友人や食べ物や彼女が好きなものなど、彼女に近いものをモチーフにして、オイルクレヨンを使って何層にも絵を描き、ナイフを使って線を削っていきます。
それらは完ぺきではないかもしれないけど、(言葉で説明するのは難しいのですが)とても繊細なタッチで描かれていて、私にとっては彼女の絵はどれも世界で一番好きな作品です。

voor-mieke-

最近、シャルロッテは料理やアイスクリーム作りに凝っています。
彼女の作る料理がどんなに美味しいかを言葉だけではうまく伝えきれないのが残念です。
彼女は毎週日曜に”Atelier Solarshop”で、朝食や映画にディナーなどを作っています。彼女はとてもたくさんのレシピを考案しています。私なんて一週間のうち毎日違うものを作ることさえできないですから。

DSCF9738

 

シャルロッテはユーモアのセンスも持ち合わせています。それは彼女のいろいろな行いからもすぐわかると思います。
彼女は私に子供の頃の武勇伝(?)を聞かせてくれたことがあります。お隣の家のりんごの話や、壁にかけられた額の後ろに隠れて絵を描いていたこととか。もちろん、絵は大きくなりすぎて両親に気づかれてしまったのですが。

私にとって、彼女の一番大好きなところはその働き方です。彼女にとっては絵も、夕食も、家も友達もみんなどれも同じくらい大切なことなのです。彼女はきっと自分のことをアーティストだなんて思っていないと思います。(もちろん素晴らしいアーティストなんですが。)彼女はいつもエネルギーにみなぎって仕事や制作をしています。

最後に。
シャルロッテはあらゆることに対して愛情をもって行動していてるからこそ彼女の周りにはたくさんの親友たちがいるのだと思います。私もその一人になれていることが本当に光栄です。

81270008_lo

 

“Charlotte and I had a mutual friend, Dejan, who stayed in her place during the summer vacations when she travelled to Serbia with her boyfriend.
Dejan, also from Serbia, studied at the Academy here in Antwerp, and so did I.  We became close friends and i visited him a few times when he was staying at Charlotte’s.  I had never seen her, but i knew her apartment very well and i loved it so much.  She had lots of nice plants and books.  It was a small apartment close to where i used to live, but everything she owned attracted me.
Later on I met her a few times, but it was only when Dejan moved back home that Charlotte and I became friends.  On his goodbye party, again in Charlotte’s place, she gave him a box she made as a present.  There was a tiny hole in it to look through, and in the box she made a whole universe with drawings and cut-outs.  Dejan, as a child, was jumping on mushrooms and there were lots of birds cut out from the sugar-bags they got in the coffee bar where we always drank coffee with Dejan, and lots of other nice creatures.
Because it was too fragile to take on his long journey they decided that i should keep it with me.  I remember walking home with it, feeling sad for Dejan, but oh so happy about this beautiful box!Later on i met Charlotte in the library and we decided we should drink coffee together.  We both felt really sad about Dejan not living here anymore.
I remember her literally saying: ‘we should be friends now’ and so we did.  That was about 9 years ago.
Now I can’t imagine not having Charlotte in my life.  We don’t see each other that often, but for me, she was always a great inspiration.  When i started shooting apartments her place was the first one i photographed.  She has such a nice sense for putting things together, and at the same time it feels like she doesn’t really think about it.

When I openend my store, together with Veronik Willems, it was obvious that Charlotte would design the logo, the invitation for our opening, the businesscard and so on.  And I still love those drawings so much.  She draws things that are close to her, friends, food, objects she likes,… They are never perfect, but still they are very precise, it’s hard to explain in words, but they are my favourite drawings in the world.  She draws with oil crayons in layers  and she uses a knife to sharpen her lines.  I think they are all brilliant.

Lately Charlotte is mostly cooking and making icecream.  I guess I don’t even have to tell you how great her food tastes.  She makes breakfast every sunday in Atelier Solarshop (http://www.otarkproductions.blogspot.be/), makes film dinners (food related movies with matching food, very inventive!) and so on.  She tries so many different kinds of recipes, I don’t understand how she does that! I can’t even cook something different every day in a week!

Charlotte has a great sense of humour too, and it’s clear in everything she does.  In a very subtle way though.  She tells me the greatest stories about her childhood, about how they were stealing apples from the neighbours and drawing pictures behind the frames on the walls.  Ofcourse the drawings became too large and her parents noticed, but I guess they didn’t mind.
I guess what i like most about her is the way she works.  For her, a drawing, a dinner, her home, her friends and so on, it’s all equally important.  I’m sure she doesn’t think of herself as an artist, but ofcourse she is.  She is so full of energy, always working.  And in the end, she does it all for love, which is why she has so many dear friends.  I am so glad to be one of them.”

tags:
doinel journal
,
info