news

先行販売中「梅とうぐいす」 太宰府天満宮 × 鹿児島睦 × 鈴懸

2016.12.08

Processed with VSCO with hb2 preset

doinel の母体である株式会社ビオトープは、2017年1月28日より発売される太宰府天満宮公式のお土産「梅とうぐいす」のプロデュースさせていただきました。 発売に伴い、2017年1月15日(日)まで、doinel にて先行販売をさせていただいております。doinel 及び東京では、この期間のみの特別販売となりますので、年末年始のお手みやげや、おもてなしなどにぜひご利用ください。
※完売しました。

店頭での販売にあわせ、doinel online store でもお求めいただけます。
オンラインでのご購入はこちらから
http://doinel.net/products/8966
※完売しました。

%e9%88%b4%e6%87%b8_%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bcProcessed with VSCO with hb2 preset_mg_9654Processed with VSCO with hb2 preset

「梅とうぐいす」 太宰府天満宮 × 鹿児島睦 × 鈴懸
太宰府天満宮の御神木である飛梅(とびうめ)を始め、毎春境内では約6000本の梅が咲き誇ります。その梅の花をモチーフとして、 陶芸家、アーティストの鹿児島睦が描いた図案を元に、九州、博多で90年以上続く和菓子店「鈴懸」の職人がつくる「梅とうぐいす」は、さらさらとした細かい粒子の和三盆糖を用い、なめらかな口どけで上品な優しい甘さのお干菓子です。木箱に詰められた5つのうち2つは、太宰府の歴史にまつわるスパイスのひとつである「シナモン」や「よもぎ」を練り込んだ個性的なフレーバーです。 また図案が映えるよう、一般的なお干菓子よりもサイズをひとまわりを大きくしています。フォルムだけではなく、 花弁のディテールやうぐいすの表情も、図案に基づき、職人の手によって表現されています。

Processed with VSCO with g3 presetProcessed with VSCO with hb2 preset

楽しみ方
日本茶のお茶うけとしてはもちろん、コーヒーや紅茶と共に、また、ワインやシャンパンなどのアミューズとしてもおすすめします。

梅とうぐいす
味:(左から)和三盆、ヨモギ、和三盆※、和三盆、シナモン
  ※太宰府天満宮での販売時から梅味に変更になります。
内容量:1 箱 5 個入り(箱外寸 231 × 62 × H27mm)
価格:1,404 円(税込み)

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)
太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約800万人の参拝者が訪れています。
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

鹿児島 睦(かごしま まこと) 陶芸家・アーティスト
福岡生まれ。美術大学卒業後、インテリア会社に勤務しディスプレイやマネージメントを担当。2002年より、福岡市内にある自身のアトリエにて陶器やファブリック、版画などを中心に制作。日本国内のみならず、L.A.、台北、ロンドンなどで個展を開催、近年では世界中にファンが広がっています。作品制作の他、国内外のブランドへ図案の提供も行っており、陶器にとどまらず、ファブリックやペーパーなど様々なプロダクトを発表。また、国際的なアートプロジェクトへの参加や、空間への壁画制作など活動の幅は多岐に渡ります。
www.makotokagoshima.com

鈴懸(すずかけ)
九州、博多で90年以上続く和菓子店。「現代の名工」に賞された初代中岡三郎の教えにもとづき、厳選した自然素材のみに由来する味と技を極める一方で、現代にあったデザインやプレゼンテーションにも気を配り、さまざまな年代に愛される和菓子を提案しています。
http://www.suzukake.co.jp/